本文へスキップ
Forest Instructor Chiba

 森に親しむ講座 2013 information

平成25年度 森に親しむ野外講座年間実績
開催日 講座タイトル 講 座 内 容
2013年
4月8日(月)
県内講座 
サクラ満喫房総の里山 樹齢100年にも達するヤマザクラ100本ほどが花を付け、様々な草木の芽吹きや開花が始まった鹿野山近くの里山と、歴史的にも由緒あるサクラの名所三舟山を訪ね、春を堪能しました。詳細報告はこちら
4月22日(月)
県内講座 
春の東大演習林  猪川渓谷の春を愛でる 東大演習林でも、豊かな植生をほこる猪川渓谷。「山笑ふ」といわれるこの季節、木々の芽吹きは色とりどりで、可憐な花も咲きそろった渓谷の道を、春の息吹を感じながら、ゆっくり歩きました。詳細報告はこちら
5月15日(水)
県内講座
 
利根下流域の自然と里山空間を訪ねる〜ヨシ原湿原の野鳥観察と牧野の森里山ウオーク 利根川下流域のヨシ原湿地帯に生息する希少種“オオセッカ”などの多彩な野鳥ウオッチング、午後はうららかな春の水と空気と緑に包まれた香取地域の田園風景を眺めのんびりと里山を歩きました。詳細報告はこちら
6月9日(日)
県内講座 
房総の照葉樹林、初夏の深緑を楽しむ----鋸山稜線巡り 江戸時代から名山として知られ「房州石」の採掘で人々の暮らしと関わってきた鋸山、今回は「関東ふれあいの道・鋸山縦走コース」及び周辺の稜線を巡り、石切場跡や房総の海岸林の春の息吹を満喫しました。詳細報告はこちら
7月12日(金)-13日(土)
県外講座 
オオムラサキの羽化と清里高原の高山植物の観察 八ヶ岳山麓で国蝶オオムラサキの羽化を観察、サントリーのサンクチュアリーの森では野鳥観察をして、翌日は清里高原で初夏の高山植物を観察しました。
9月10日(火)
県外講座 
日本百名山「筑波山」の自然を満喫 筑波山は山岳信仰の山、巨岩・奇岩の山道を登ると、富士山・スカイツリーの眺望が待っています。ブナ林での森林浴、樹齢800年の大杉など、心に残る山旅が楽しみました。詳細報告はこちら
10月9日(水)
県外講座 
富士山麓・青木が原樹海散策 1200年前の貞観大噴火で焼け野原と化した死の溶岩台地が樹海と呼ばれるまでに蘇った大自然の生命力を体感しながら不思議と感動が一杯の神秘のネイチヤーランドを、森林浴を楽しみながらゆったりと散策しました。詳細報告はこちら
10月29日(火)
県外講座 
紅葉の奥秩父・入川渓谷へ 奥秩父は紅葉の名所で、極めて他種類のカエデが見られます。廃線になったトロッコの線路が残る荒川源流域の入川渓谷沿いを歩き、「一級河川荒川起点の碑」を訪ねました。詳細報告はこちら
12月14日(土)
県内講座
 
房総丘陵の秋を楽しむ-紅葉と鑑賞炭作り 房総高宕渓谷沿いでは、緩やかに流れる瀬音と急峻な崖のカエデが色づき、晩秋を醸し出しています。紅葉狩りのあと、落葉などを拾いその鑑賞炭をつくり、お土産に持ち帰りました。詳細報告はこちら
2014年
1月22日(水)
県内講座
 
南房総会所の森から清澄寺へ 養老渓谷上流に広がる会所の森を歩きます。初春の陽光を受けてきらきらと光る照葉樹林と房総沖の雄大な眺望を楽しながら林道を進み、終点の清澄寺へと至りました。詳細報告はこちら
2月17日(月)
県内講座
 中止
森林研究の場「東大演習林」と聖地「清澄」を歩く 大学演習林として120周年を迎える東京大学千葉演習林を訪れ、房総南部の最も代表的な天然林を体感します。又隣接する奈良時代から続く信仰の霊場清澄山を歩き国指定天然記念物「千年杉」を見学します。積雪のため開催中止しました。

本サイトの記事・画像等の無断転載は禁じます。千葉県森林インストラクター会