本文へスキップ
Forest Instructor Chiba

 主な活動・事業紹介 action

森に親しむ野外講座(略称:野外講座)

野外講座風景
千葉県内や関東近県の森林を訪れ、当会の会員がご案内する野外講座です。訪れた森の見どころ、特徴やそこに生育する樹木や野草などを解説し、受講者の皆様に森に親しんでもらう講座です。
通常は観光バス(貸切)バスを利用しての日帰りの行程ですが、訪れる場所により宿泊を伴うこともあります。詳しくはこちら













森に親しむ講座(略称:昼の講座)

昼の講座くらしの植物苑


森林や樹木だけではなく、自然全般に目を向けるきっかけになるよう幅広いラインナップで構成された、室内講座3回・野外実習3回/全6回の連続講座を年間2回実施しています。

自然界の不思議にちょっぴり顔をつっこみ、自然と人との関わりを読み解き、また自然の中に出かけて四季折々の風情を楽しみながら歩きます。詳しくはこちら













森に親しむ懇談会(略称:もりこん)

もりこん正月飾り研修
森林に関する話題を取り上げ、会員や外部からの講師を話題提供者にし、その話題を中心に自由に議論していただく、どなたでも参加できる懇談会です。詳しくはこちら













注連縄作り

FICの森

FIC君津の森

FICの森とは、鹿野山の一角に林野庁の「国民参加の森林づくり」制度を活用し、当会が関東森林管理局と協定を締結し整備・活用している約3ヘクタールの森林です。
FICの森は、会員の森林整備の研修・実践の場として整備を進める「君津の森」と子ども達の自然体験活動の場として利用する「遊々の森千葉」の二つのエリアからなります。詳しくはこちら




アマガエル

森の癒し

森のいやし
森にただ入るだけで気分が落ち着くといわれます。森林にはストレスを緩和し、機能を高める効果があるなど、森の癒し効果が明らかになってきました。森林を利用した森の癒やし体験プログラムの実践や癒しコースの設定など、当会独自の活動を進めています。
活動例はこちら













森林環境教育・森の保育

炊事体験

森林環境教育
小・中学校や企業・団体における森林環境教育に対するプログラムづくりや講師派遣を行っています。活動例はこちら

森の保育
子ども達の自然に対する感性を育むために、子どもと一緒に自然の中で遊ぶ森の保育を行っています。活動例はこちら









その他の活動

草木染体験地域部会
県内を5ブロックに分けて地域部会を設け、観察会など地域に密着した活動を実施しています。活動例はこちら

森の遊び・文化研究会
子どもたちを対象とする森の遊びや正月飾りなど森にまつわる日本の伝統文化などを研究しています。活動例はこちら

子ども樹木博士
子どもたちを対象として、樹木の名前を覚えるという単純な行動をきっかけとして森に親しんでもらう事を目的としています。
活動例はこちら

その他自治体等からの受託事業などを行っています。